「売主様の利益を最優先に考える会社」を選ぶことが大切です!

不動産売却の成否は、不動産会社選びで決まるといっても過言ではありません。 売却力は重要な指標であり、最近であればインターネットを積極的に活用した売却プランを提示できるかどうかは注目すべきポイントです。 フットワークの良さや、営業担当者との相性も考慮すべきだと思います。

しかし、最も重要なことは「売主様の利益を最優先に考える会社かどうか」という一点に尽きると私たちは考えています。

「売主様の利益を最優先に考える会社」を選ぶことが大切です!
売主様の売却機会を損なう「物件情報の囲い込み」が問題になっています!

通常、売主様から売却依頼を受けた不動産会社は、物件情報を一定期間内に不動産流通機構「レインズ」に登録することが法律で義務付けられています。 レインズとは、宅地建物取引業者(いわゆる不動産屋)間で不動産情報を、パソコン等の端末でインターネットを介して情報共有を行う情報システムのことです。 レインズに登録された物件情報は、全国の不動産会社に情報公開されますので、これを基に不動産会社が購入希望お客様に物件を紹介していき、売主様にとって早期売却のチャンスが広がっていきます。

その売買システムで問題ないのでは? 不動産売却において、最も重要な問題。 それは他の不動産会社に紹介させない、『物件情報の囲い込み』です。

全国の不動産会社は買いたい人がいるのでお客様に紹介してもいいですか、と連絡を入れたとしても、売主様から依頼をうけた不動産会社は、申込も入っていない物件の問合せに全て断ってしまうのです。 残念ながら、これが現在の不動産業界にある大きな問題になっています。 売却を依頼した売主様の利益を損ねる重大な問題ですが、売主様からでは実態がはっきり見えないこともあり、知らない方も多いのではないでしょうか。

買主様を探してきた不動産会社が入って売買が成約されると、必然的に売主様から依頼を受けた不動産会社へ・買主様から物件を紹介した不動産会社へ仲介手数料が売り買いそれぞれ発生する事になります。こうなると売主様から依頼を受けた不動産会社の仲介手数料は売主様・買主様から頂く「両手取引」のチャンスがなくなってしまいます。 一般的な感覚からすると売却を目的とする、お客様の利益を最優先に考えるのが“正しい姿”だと思いますが、不動産売却の現場では特に大手でよく見る過剰な営業ノルマを課される営業担当者が多く、お客様の利益よりも自分の営業成績を優先する傾向が日常的に存在しているのです。 これにより恐いのが、売主様の売却機会損失が起こってしまう可能性です。

たとえば、住み替え(買い替え)計画していて、良い住み替え先の物件が見つかった方、資金的にきつくて早く売りたい方、二重ローン等で家計が圧迫していて早く軽減したい方等は、計画が破綻してしまうことになります。 不動産は大きなお金が動くので、売却をお考えの方は売れることをあてにして何かお考えかと思います。 しかし肝心な不動産が売れない、もしくは当初聞いていた金額より大きく値下げしなければ売れない、となると住宅ローンの残債が消せない。逆に破綻するかもしれないと言う本末転倒な状況になりかねません。

自己の営業成績のために、売主様の利益を損なう「物件情報の囲い込み」は、この業界で仕事をしていると稀ではなく日常的頻繁に見られます。売主様の利益を最優先に考え、情報をオープンにする不動産会社を選択することが、不動産売却を成功させるカギとなると思います。 大切なマイホームや不動産だからこそ、託せるパートナーを見つけましょう。

売主様の利益を損なう「物件情報の囲い込み」が問題になっています! 売主様の利益を損なう「物件情報の囲い込み」が問題になっています! 売主様の利益を損なう「物件情報の囲い込み」が問題になっています!
実際に行われている「物件情報の囲い込み」の方法を上げてみます。
1.レインズ登録して、すぐに削除
レインズに登録すると物件番号が決定しますので、売主様はレインズ番号が記載された「登録完了通知書」を受け取ることになります。 しかし、「登録完了通知書」をデータ保存もしくはプリントアウトしたらすぐに、レインズから物件削除されてしまいます。 登録直後に削除されてしまうと確認する術はありません。一般のお客様はレインズを直接閲覧することができない仕組みになっているからです。
2.レインズ登録しても広告不可
レインズに登録されている物件には、広告不可のものが全体の半分ぐらい存在します。 物件の確認をすると「ご近所の方に知られたくないという売主からの希望により広告は一切不可です。」という理屈なのですが、これほど広告不可物件が多いことに疑問を感じざるを得ません。 しかも、物件を直接預かっている不動産会社は大半チラシなど広告活動を行っており、両手取引を狙うための手口としか考えられません。 広告不可にすることで販促プロモーションの絶対量は確実に少なくなってしまいます。 物件周辺や限定されたエリアでの広告のみでは、遠方からそのエリアを購入検討しているお客様には知り得ません。 結果として、売主様は早期売却のチャンスを逃してしまうことになるのです。
3.レインズ登録後は商談中
レインズに登録されている物件を、売却依頼を受けている元付業者に確認すると、商談中だと言われることが頻繁にあります。 レインズに物件登録されたその日に確認しているのにもかかわらず。。 実際に商談が入っているのであれば問題はないのですが、両手取引を優先するあまり、他の業者には商談中と回答している可能性を否定できません。 ひどい例では、商談中を理由に購入申し込みを断られた物件が、しばらくすると値下げされて再度売り出されているようなことさえあるのです。

このように、両手取引を優先した「物件情報の囲い込み」は、売主様の早期売却・高値売却の可能性を大きく低下させることにつながります。 結果として値下げを余儀なくさせられるケースが後を立たないことから、不動産会社選びは慎重にされることをオススメいたします。 売却依頼をしている不動産会社からの内覧しかなく、別の不動産会社の案内がほとんどない場合は特に心配です。

お困りの際はご相談ください。お客様の不動産売出し状況をご確認いたします。

既に不動産会社で売却依頼をされている方でも、疑問や不安を感じていらっしゃれば、セカンドオピニオンとしてプラットホームまでお気軽にご相談ください。

1.現在のレインズの登録状況2.広告掲載の可否3.商談状況4.近隣の価格相場

お問合せ頂いたからといってプラットホームへの売却依頼を頂かなくても大丈夫です。 上記4点について、すぐに確認させていただきます。 「大手だから。」 「CMを見たことがあるから。」 「家の近くにあって便利だから。」 といった理由で不動産会社を選ぶのは危険ではないかと感じます。

プラットホームは売却依頼をいただいた物件情報をオープンにして、全国の不動産業界で力を合わせ、「早期」「適正な価格」で不動産売却をサポート実現することをお約束いたします。

お困りの際はご相談ください。グレース不動産は、売主様の利益を最優先に考えます!
現在売り出し中の物件

ご検討されている売却不動産の参考としてご活用下さい。

茨木市
高槻市
島本町
吹田市
箕面市
摂津市
豊中市
不動産売却無料査定
不動産売却相談
株式会社プラットホーム
所在地
大阪府茨木市上穂積4丁目1-24
TEL/FAX
072-665-7113/072-665-5178
免許番号
大阪府知事(3)第50136号
会社概要